歯の健康優良児市長賞に坂本さんと田中さん

 山陽小野田市の「歯の健康優良児および母と子の良い歯のコンクール」は四日、市役所であり、厚陽小六年の坂本久美さんと高千帆中三年の田中美絵さんが最高賞の市長賞に選ばれた。十一月六日に萩市で行われる県のコンクールに進む。
 小野田歯科医師会(長沢延明会長)、厚狭歯科医師会(藤井征郎会長)の会員が、市内の小学六年生と中学三年生から選ばれた男女三十三人、三歳児健診を受けた母子五百八十組から選ばれた二組を審査した。
 表彰式では、白井博文市長、江沢正思教育長、両歯科医師会長、市教育委員会の野村誠学校教育課長が、入賞者に賞状を手渡した。

 賞状を受ける市長賞の2人(市役所で)

カテゴリー:アーカイブ2005年6月6日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ