山陽小野田市議会解散請求が始動

 小野田の将来を考える会の瀬戸信夫さん(55)=稲荷町=は一日、山陽小野田市議会の解散請求書と請求代表者証明書の交付申請書を、市選挙管理委員会(生田希委員長)に提出した。即日交付され、リコールに向けた署名活動が事実上スタート。「政党、団体にこだらわない市民運動とし、市民の意思を示したい」としている。
 解散請求書では「議員も新市民から選ばれるべき。市長選の結果は、多くの市民が議員の在任特例反対の意思表示をしたもの」とし、即刻解散を求めている。瀬戸さんは「自主解散を強く願うものだが、今の議会は市民を視野に入れて動いているようには見えない」と話した。本請求に必要な署名数は有権者の三分の一に当たる一万八千強だが、二万から有権者の過半数までを視野に入れている。

 解散請求書、請求代表者の申請書類を提出する瀬戸さん(右、1日午前8時40分、市役所で)

カテゴリー:アーカイブ2005年6月1日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single