常盤校区20周年式典で“20歳”の門出祝う

 常盤校区の設立二十周年記念式典が二十九日、常盤ふれあいセンターで開かれた。地域の団体や施設の代表者ら八十五人が出席。古里の二十歳の門出を共に祝福し、さらに住みよい地域づくりに向けて一層の努力を誓い合った。山本昭さんら功労者六人の表彰式も行われた。
 同校区は一九八五年、西岐波と恩田の一部が合併して誕生した。当初は二千四百八十一世帯、人口七千七百六十八人だったが、風光明美な地域性から年々増え続け、現在は三千二百六十一世帯八千七百十四人にまで増えた。

 校区の20年を振り返る藤永さん(常盤ふれあいセンターで)

カテゴリー:アーカイブ2005年5月30日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ