楠町商工会が全会一致で「商議所との合併不要」

 楠町商工会(柏村文弘会長、二百十二人)は二十三日、宇部市楠総合センターで通常総代会を開き、「商工会議所との合併は不要」とする組織強化の決議を全会一致で採択した。行政合併を踏まえ、全国的に「一行政地区一商工団体」を求める事例が出ていることから、商工会としての姿勢を改めて示したもの。県内の他の商工会でも同様の決議を進めている。
 決議文では、商工会と商工会議所の立場について「四十年以上にわたる歴史的な経緯はもとより、組織・制度面、運営面、財政面等に大きな相違がある」とし、「商工会議所との連携を否定するものではないが、商工会議所との合併を希望する商工会は皆無である」と断言。

 会員に商工会の支援を呼び掛ける柏村会長(楠総合センターで)

カテゴリー:アーカイブ2005年5月24日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single