阿知須十七夜祭始まる、夜は花火大会

 阿知須町伝統の十七夜祭の本祭が二十一日、始まった。華やかな踊り山車が西条公民館を出発。町商店街などを練り歩き、多くの人でにぎわっている。午後八時からは町制六十五周年記念花火大会があり、約四千発を打ち上げる。
 今年の踊り山車は西条地区が担当。紅白幕やちょうちん、花、吹き流しなどで飾りつけた山車を、白装束の男性ら百人が威勢のよい掛け声とともに綱を引いた。小・中学生十二人のしゃぎり手が太鼓や笛、かねの音で盛り上げた。

 町内を練り歩く踊り山車(21日午前8時50分ごろ、縄田北で)

カテゴリー:アーカイブ2005年5月21日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single