市農業委員会は7月に選挙、新組織へ

 宇部市農業委員会(平田基治会長)は十九日、ときわ湖水ホールで総会を開き、今年度の事業計画などを審議した。同委員会は七月に委員選挙が予定されており、今回が現体制で最後の総会。選挙は市楠地区農業委員会と統合し、新たな組織で実施される。両委員会を合わせた現在の選挙委員は四十二人、新組織では三十人に減員されることから、激しい選挙戦が予想される。
 選挙は七月十七日告示、同二十四日投票。翌日の二十五日に総会を予定しており、新たな組織のスタートを切る。
 三月末現在の有権者は、東岐波・西岐波九百九十四人、旧市・厚南千八百十人、厚東・二俣瀬・小野千六百五十八人、楠千四百六十人の計五千九百二十二人。

 総会であいさつする平田会長(ときわ湖水ホールで)

カテゴリー:アーカイブ2005年5月20日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ