中川改修事業促進協が早期完成へ取り組み継続

 中川広域基幹河川改修事業促進協議会(金澤巌会長)は十九日、厚南市民センターで総会を開き、事業の早期完成に向けて、要望や関係機関との連絡調整などの取り組みを継続していくことを確認した。
 初年度は三百四十メートルを掘削し、遊水池の護岸工事も行った。全体事業費は約二百億円で、工事の進ちょく率は事業費ベースで78・3%(昨年度末現在)。今年度は、引き続き遊水池内と中川新橋下流までの約千百メートル区間で掘削工事を実施する。事業費は八億円。
 県宇部土木建築事務所は「掘削工事は〇四年度からおおむね五年間。岩や石、コンクリートの塊が見つかったため、障害物の撤去を先行している。二期工事区間の用地取得も一部行っている」と説明した。

カテゴリー:アーカイブ2005年5月20日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single