道の駅「きらら あじす」で地場特産品が好調

 県内十八番目の道の駅として三月二十六日にオープンした「きらら あじす」では、地元阿知須町の特産品が売れ行き好調だ。「寒漬」や「しょうゆ玉」のほか、町商工会が開発した「きらら福餅(もち)」を、町外から訪れた人たちが大勢、買い求めている。

 人気を集める「あじす特産品コーナー」(道の駅「きらら あじす」で)

カテゴリー:アーカイブ2005年5月12日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ