新川市まつり、最終日はどっと5万1千人

 宇部市の行楽シーズンを飾る「新川市まつり」は三-五日、常盤通りや平和通りを会場に開かれ、最終日の五日は五万一千人(主催者発表)でにぎわった。今年からメーンとなった「キツネの嫁入り」では、新郎と新婦がお供を連れて両通りなどを練り歩き、多くの市民に祝福されて実際に挙式。黄金伝説inうべ16、子どもまつりなども盛り上がった。同実行委員会(徳原幹男委員長)主催。

 市街地をパレードする「キツネの嫁入り」の新郎と新婦(平和通りで)

カテゴリー:アーカイブ2005年5月6日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ