藤田市長が風邪こじらせ入院

 藤田忠夫宇部市長(65)が四日、風邪をこじらせて体調不良となり、山口大医学部付属病院に検査を兼ねて入院した。二月中旬以降、終日の休みが取れない多忙さで、風邪が長引いていた。療養後、一週間で退院できる見込み。六月には市長選挙が控えている。「検査に専念するため、面会は遠慮させていただいている」と秘書課。

カテゴリー:アーカイブ2005年5月6日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ