霜降山のみどりを楽しむつどいに市民1100人

 新緑のもえる霜降山で二十九日、「霜降山のみどりを楽しむつどい」が開かれた。初夏の陽気に誘われて市民千百人が参加。
 子供たちに人気だったのは丸太切り体験コーナー。直径十センチほどの間伐材をのこぎりで切り落とすと、霜降山のイラストを焼き付けたヒノキのプレートがもらえるとあって、男の子たちが汗をぬぐいながら夢中になっていた。
 苗木と花の苗の配布には、市民が殺到し、用意された三百五十本の苗が開始五分で“完売”した。清掃活動には宇部海洋少年団の二十人が参加し、ごみを拾いながら山を登った。茶道裏千家淡交会宇部支部ときわ青年部は抹茶の接待を行い、緑に囲まれた中での一服に、多くの参加者が心を和ませていた。

 花の苗の配布コーナーに押し寄せる人々(霜降山で)

丸太切りに夢中になる子供たち(霜降山で)

カテゴリー:アーカイブ2005年4月30日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single