17日、宇部市内トップ切り二俣瀬校区運動会

 宇部市内の校区運動会のトップを切って、第二十回二俣瀬校区ふれあい大運動会が十七日、二俣瀬小グラウンドで開かれた。校区民約四百人が、ぽかぽか陽気の中、そう快な汗を流し、世代を超えてふれあいの輪を広げた。同運動会実行委員会(吉本正会長)など主催。
 競技は二十二種目あり、八地区に分かれての対抗戦で行われた。徒競走や借り物競走、玉入れなどの定番に加え、六十歳以上を対象にした団体競技「プロゴルファー」や、幼児が参加した駆けっこ「ここまでおいで」などもあり、子供からお年寄りまで幅広い年代が楽しんだ。

 子供たちも参加した総踊り(二俣瀬小グラウンドで)

カテゴリー:アーカイブ2005年4月18日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ