街の駅からマダガスカルへ

 宇部中央銀天街の「街の駅」(東和商会運営、中央町3丁目)で1999年から開いている「おもちゃの病院」。毎回、多くの子供たちがおもちゃを持ち寄り、修理を依頼しているが、中には「恵まれない子供たちへ」と寄託する人もおり、6年間で約100点が集まった。街の駅では、青年海外協力隊などを派遣している国際協力機構(JICA)を通じて、アフリカのマダガスカルに送ることを決め、寄せられたおもちゃの整理を急いでいる。

 寄せられたおもちゃを整理する梶原さんら(銀天街の街の駅で)

カテゴリー:アーカイブ2005年4月16日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ