県教委が小中高校に危険個所の総点検を通知

 鹿児島市の洞くつで九日発生した中学生四人の一酸化炭素中毒死事故を受け、県教育委員会は十三日、県内の小・中・高校、市町村教育委員会に「危険な遊び場の防止、郊外生活の安全確保」を通知した。
 地域内の危険個所の再点検、危険な遊び場防止へ児童生徒に徹底指導、保護者への啓発の三点で、危険個所再点検は通学路を含め、総点検を求めている。特に、遊び場近くにあるため池、貯水池、洞くつなどは関係者の協力を得ながら安全を確認するとともに、児童生徒からも危険個所情報の入手を、としている。

カテゴリー:アーカイブ2005年4月14日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ