西万倉に市内唯一の農業生産法人「アグリ楠」設立

 地域産業としての農業に新たな可能性を見いだし、宇部市西万倉で会社を経営する山本繁俊さん(45)が十一日に、農業生産法人「アグリ楠」を設立する。水稲を中心にした農産物の生産と販売、農薬散布や草刈りなどの農作業の受託が主な業務内容。農家の担い手不足などを背景に、農業経営の法人化は徐々に進んでいるが、農地を利用する農業生産法人としては市内で唯一となる。
 山本さんは創業以来五十二年の歴史を持つ建設会社、河村建設の社長。「建設業も農業も同じ土が相手」と言い、ほ場整備は三十年来手掛けてきた。現在十一人いる従業員の大半も実家は農家で、農業経営のノウハウはつかんでいる。

 自然環境に恵まれた水田で稲作を手掛ける山本社長(西吉部の汗生谷で)

カテゴリー:アーカイブ2005年4月7日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ