ベスト8懸けあす名電と決戦

 いくぞ名電! 宇部商は三十日正午開始予定の第二試合で、ベスト8を懸けて、愛工大名電(愛知)と二回戦を戦う。昨年のセンバツ大会、昨秋の明治神宮大会で、いずれも準優勝している実力校との対戦だが、選手たちはチームの研究も終え「自分たちの野球をすれば負けない」「V候補を倒し、主役に躍り出る」と、ボルテージは高まっている。二十九日は午後一時から、尼崎市の尼崎記念公園野球場で練習。最後の調整に励む。

 打撃練習に励む選手たち(市立尼崎高室内練習場で)

カテゴリー:アーカイブ2005年3月29日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ