市議会予算審査特別委、「楠温泉開発の運営は民間で」

 三月定例宇部市議会は十七日から予算審査特別委員会(林勉委員長)に移り、新年度予算案に対する審議が行われた。この中で荒川憲幸議員(共産)は、楠地域の農業振興ビジョンに触れ、温泉開発の具体的な計画を質問。縄田欽一助役は「ボウリング調査はやったが、温泉施設を市が主体となって経営するのは適当ではない。公設であっても、運営は民間でやるべき」という方針を示した。

カテゴリー:アーカイブ2005年3月18日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ