高齢者向け賃貸マンションが新幹線厚狭駅前に10月オープン

 山陽メディカル(村上英之代表、小野田市日の出三丁目)は、山陽町山川のJR新幹線厚狭駅前に高齢者向けの賃貸マンション「心遊館」を建設する。県認可の建物で、全館バリアフリーや二十四時間体制の緊急連絡設備、露天風呂など、ハード、ソフトの両面から入居者が安心して生活できる施設を目指す。オープンは十月。同社は老人保健施設あさ紫苑などを運営する医療法人健仁会(村上紘一理事長)の関連会社。マンションはあさ紫苑に隣接する鉄筋四階建て。二-四階に約二十八平方メートルの個室三十室を配置、窓は全室南向きで、風呂、トイレ、ミニキッチンを備える。安全面に配慮して、全館オール電化対応。

 山陽メディカルが建設する心遊館の完成図

カテゴリー:アーカイブ2005年3月17日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ