「チームの自慢は負けん気の強さ」キャプテントークで井田主将

 十四日に、主将による懇談会「キャプテントーク」が毎日新聞大阪本社オーバルホールであり、チームをまとめる三十二人が、主将として心掛けていること、ユニークな練習方法などを披露した。各校の情報交換、交流の場として行われているセンバツの恒例行事。日本高野連の脇村春夫会長も出席し、選手たちの意見に耳を傾けた。
 毎日放送の森本栄浩アナウンサーと毎日新聞の江尻進一運動部編集委員が司会を務め、事前に行ったアンケートを基に「主将として悩んだ点は」「食事で気を付けている点は」などと質問。指名された主将が答えた。井田主将は「チームで自慢できることは」の項目で指名され、はきはきと発表。「個性的な部員が多く、全員負けん気が強い。チーム内で常に競い合っています」と、述べた。

 チームの自慢を発表する井田主将(毎日新聞大阪本社オーバルホールで)

カテゴリー:アーカイブ2005年3月15日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ