運転中の携帯電話使用の検挙数、県内最多の300件超

 車を運転中の携帯電話の使用が交通違反として罰せられるようになって四カ月余り。いまだに使用は後を絶たず、宇部警察署(宮本豊一署長)による検挙は三百件を超えて、県内で最多となっている。同署では「これからも取り締まりを強化していきたい」と話している。
 違反は、電話の使用のほか、メール確認などの画像注視も対象となる。違反点数は原則的には一点だが、第三者に危険が生じた場合は二点。反則金は普通車の場合、違反点数一点の時が六千円、二点の時が九千円。

カテゴリー:アーカイブ2005年3月12日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ