市議会代表質問3日目・市財政の中期展望を改定

 三月定例宇部市議会は十日、代表質問があり、旧楠町の大谷誠文(楠風会)、重枝尚治(誠和会)、沖谷和夫(みどりの会)の三議員が登壇。道路網整備や温泉開発、農業ビジョン関連施設などについて聞いた。市は、国の三位一体改革による地方交付税、国庫負担金の削減で、一層厳しい財政状況に立たされていることから、市財政の中期展望の改定(第三次)に取り組むことを明らかにした。

カテゴリー:アーカイブ2005年3月11日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ