ラスパイレス指数101.5に。前年比2.3ポイント減も県内の市で最高

 三月定例宇部市議会は九日、代表質問があり、岩村実(市政会)、山下勝由(市民クラブ)、長谷川耕二(公明)の三議員が登壇。予算編成、環境行政、公営企業、行財政改革などについて聞いた。この中で昨年四月現在の宇部市のラスパイレス指数が一〇一・五と、前年に比べ二・三ポイント下がったことが報告された。また、登下校時の安全確保のため、今年二月に全小学生に防犯ブザーを配布したのに続き、新年度の早い時期に全中学生にも配布することを明らかにした。 ラスパイレス指数は岩村議員の質問に答えたもの。宇部市は〇三年が一〇三・八で、〇四年が一〇一・五と二・三ポイント低くなった。それでも県内の市町村の中では、豊浦町の一〇一・七、小郡町の一〇一・六に次いで三番目。市では最も高かった。
【ラスパイレス指数】地方公務員と国家公務員の給与水準を、国家公務員の職員構成を基準として、職種ごとに学歴別、経験年数別に平均給与月額を比較し、国家公務員の給与を一〇〇とした場合の地方公務員の給与水準を指数で示したもの。変動の要因は▽給料の改定率が国と異なる▽昇給短縮、延伸を行った▽定昇率が国と異なる▽初任給基準の改定▽職員構成が変動した―などが挙げられる。

カテゴリー:アーカイブ2005年3月10日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ