小羽山小で6年生が給食を考案

 小羽山小(長浜康文校長、五百五十八人)では今、六年生が献立を考えた給食が出されている。三日のメニューは、ひな祭りにちなみ中迫千佳さんが工夫を凝らした「おひな給食」。目にも鮮やかな散らしずしや桜もち、かき玉汁に、どの教室からも「おいしい!」の歓声が上がった。

 中迫さんが考えた「おひな給食」をおいしそうに食べる6年1組の児童(小羽山小で)

手作りの食品サンプル(小羽山小で)

カテゴリー:アーカイブ2005年3月4日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ