宇部小野田広域市町村圏整備協が役員改選など

 宇部小野田広域市町村圏振興整備協議会(会長・藤田忠夫市長)は二十一日、宇部市役所であり、小野田市と山陽町が来月合併するのを踏まえて、規約の一部改正と役員の改選を行った。新年度予算も承認した。
 協議会の構成は、合併によって誕生する山陽小野田市を加え、宇部市、美祢市、阿知須町の四市町。委員は各首長と議会議長の八人になる。役員は副会長を現行の二人から一人に減員し、山陽小野田市長を選出。監事は、楠町の合併に伴って空席となっていた後任に阿知須町長を選出し、美祢市長との二人体制を維持する。いずれも合併期日の三月二十二日から施行する。

 「広域的な視点から個性的で活力ある地域を」とあいさつする藤田市長(市役所で)

カテゴリー:アーカイブ2005年2月22日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ