地産地消推進大会で学校給食の役割強調

 宇部市地産地消推進大会は十二日、二百人が参加して、JA山口宇部本所で開かれた。学校給食と子どもの健康を考える会(本部・東京)の幕内秀夫代表が「丈夫な子供を育てる食生活」をテーマに講演。事例発表として、上宇部小栄養士の尾上隆子さんら二人が地産地消の取り組みなどを紹介した。市、市地産地消推進検討会(大塚忠行会長)主催。
 生産から流通、販売までにかかわる機関・団体が連携し、地産地消を推進しようと昨年発足した同会が中心となり、市、市学校給食センター、JA山口宇部、県美祢農林事務所と協力して、現場に生かそうと初めて開催した。

 講演する幕内さん(JA山口宇部本所で)

カテゴリー:アーカイブ2005年2月14日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ