市民のための医療フォーラムに230人聴講

 第十三回市民のための医療フォーラム「早くみつけようがん」は十三日、宇部市のシルバーふれあいセンターで開かれた。二百三十人が聴講。市内の放射線科医六人が、死亡の最大の原因となるがんについて、診断に関する題材を軸に、スライドを交えて分かりやすく説明した。市医師会(田中駿会長)など主催、宇部日報社など後援。

 講演する医師たち(シルバーふれあいセンターで)

カテゴリー:アーカイブ2005年2月14日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ