NPO法人うべネットワークのアドバイザー事業、好評

 NPO法人うべネットワークは、市民活動を始めたいと考えている人や、既に実施している団体を応援するために相談業務を行っているが、今年度は一月末までに百五十三件の相談が寄せられた。「定年後に社会貢献をしたいという人や、市民活動を通して友達をつくりたいという若者が増えており、協働の輪は確実に広がっている」と話す。うべネットは昨年六月から、宇部市の「市民活動支援アドバイザー事業」を委託され、「ボランティア活動を始めるにはどうしたらよいか」と迷っている市民に助言したり、既設団体には、より効果的な活動のためのアドバイスを行ったりしている。
 相談業務は毎週土曜日の午後一時から六時まで、市民活動センター(新天町一丁目のまちづくりプラザ二階)で受け付けているが、山田節子センター長は「この時間に限らず、日ごろの相談が増えた。昨年度は正式な集計は取っていないが、今年度は五割増しの相談件数がある」と手応えを語る。

カテゴリー:アーカイブ2005年2月10日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single