厚陽自然とりもどし隊が漁港にEM活性液

 EM(有用微生物群)で地元の自然を復活させよう-厚陽自然とりもどし隊(竹本信正会長)は八日、厚狭漁港に今年初めてEM活性液をまいた。同隊は地元有志で昨年九月に発会。これまで海やため池に計三十八トンの活性液を放流、今後も定期的に活動する予定だ。竹本会長(52)は「昔の自然環境を取り戻したい。今は小さな組織だが、将来的には厚狭川上流まで活動を広げていければ」と夢を語る。

 昔の自然を取り戻したいとEM活性液を海にまく竹本会長ら(厚狭漁港で)

カテゴリー:アーカイブ2005年2月9日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single