公立高の推薦入試志願者数発表

 県教育委員会は一日、二〇〇五年度の公立高推薦入学と連携型入学者選抜の志願者数を発表した。推薦入試を実施するのは、六十七校四分校百二十二学科五コース。連携型は、美祢と安下庄の二校で行われる。推薦入学枠は、総定員八千六十五人のうちの二千七百八十八人。志願者数は三千六百八十九人で、平均倍率は前年と同じ、一・三倍。県内で最も倍率が高いのは、防府の衛生看護の三・八倍で、厚狭学区では、厚狭の食物文化が二・四倍で最高となった。

 

カテゴリー:アーカイブ2005年2月2日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single