山大まちづくり研究室が中央町3丁目のCGアニメ作成

 山口大まちづくり研究所宇部まちなか研究室が、土地区画整理事業の進む宇部市中央町三丁目の三次元CG(コンピューターグラフィックス)アニメーションを作成した。市のホームページで紹介しており、インターネットを使えば、誰でも映像を見ることが可能。バーチャルリアリティー(仮想現実)により、ゲーム感覚で新しい街の散策を楽しめる。
 CGを作成したのは、同研究室の室長でもある工学部の鵤(いかるが)心治・助教授、多田村克己教授と学生五人。立体映像を作るため、市や設計事務所の協力を得て、約一年かけて完成させた。

 上空からのアニメーションの1場面

カテゴリー:アーカイブ2005年1月27日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single