楠地域審議会で合併後の諸課題噴出

 宇部市楠地域審議会(藤野暁夫会長、十五人)は二十六日、楠総合センターであり、藤田忠夫市長から諮問のあった市過疎地域自立促進計画(二〇〇五-二〇〇九年度)の案と、楠地域の都市施設整備計画の策定について話し合った。過疎計画は合併後の諸課題が噴出した形で、委員らの意見や要望が集中。都市計画は「必要」との共通認識を得た。三十一日に審議会を再開し、答申を目指す。

カテゴリー:アーカイブ2005年1月27日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ