赤崎神社と洞玄寺で防火訓練

 第五十一回文化財防火デーの二十六日、小野田市と山陽町の社寺で防火訓練が行われた。
 小野田では、松角の赤崎神社(縄田徳昌宮司)であり、市教育委員会、市消防本部、神社関係者ら三十人が、初期消火、文化財の保護、搬出、避難の手順を再確認し、防火意識を高めた。
 山陽町西下津の洞玄寺(江沢正思住職)では、たき火が強風にあおられ、納骨堂に延焼したという想定の下、町消防本部(安部学消防長)や寺の関係者ら二十人が、消火訓練を行った。文化財防火デーは、法隆寺の金堂壁画が焼損した日(一九四九年一月二十六日)にちなみ、文化財を火災、震災、その他の災害から守り、文化財愛護思想の高揚を図ろうと定められた。

 神社から重要物品を運び出す氏子たち(赤崎神社で)

けが人を担架で運ぶ隊員たち(洞玄寺で)

カテゴリー:アーカイブ2005年1月27日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ