常盤公園の釣り堀、10年ぶりに復活へ

 常盤公園の正面入り口南側で、釣り堀の整備が進められている。オープンは春の行楽シーズンを目指しており、公園の新たな目玉となりそうだ。
 水鳥などを飼っている約一千平方メートルのスペースを利用。同所の飼育数が十羽に満たないことから、有効活用の一環として考案された。同園には、一九六六年から九五年まで釣り堀があり、完成すれば十年ぶりの復活となる。

 工事の進む釣り堀予定地(常盤公園で)

カテゴリー:アーカイブ2005年1月25日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ