杉原市長、「山陽小野田市」の市長選不出馬

 住民の待望論には応えることはできなかった-。二十一日、合併新市「山陽小野田市」の市長選への不出馬を明らかにした小野田市の杉原記美市長(73)は「住民間のしこりを新市に持ち越したことが、自身の責任であり悔いが残る」と話した。
 市議会全員協議会、これに先立つ庁議で態度を表明した。新市の厳しい行く末に対応するため、行政手腕と経験のある杉原市長への待望論は根強くあったが、合併作業に一定の道筋を引いたこと、高齢による健康面の不安、四選という多選の弊害などを理由に、後進に道を譲る。

 新市の市長選への不出馬を決めた杉原市長(21日午前11時、市役所で)

カテゴリー:アーカイブ2005年1月21日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ