山陽町が臨時議会に山陽オートの改善計画案上程

 山陽町は十八日開会した臨時町議会に、山陽オートの事業収支改善計画案を上程した。人件費の抑制を中心とした独自の改善策に、レース開催日の削減などオート界全体の構造改革を組み合わせた計画。これにより、今年度末で八億八千万円(年度内の改善策分を含む)に上ると見込まれる累積赤字を、二〇〇九年度までに解消するとの見通しを立てている。
計画を策定することにより、年間三億円を超える日本小型自動車振興会への納付金の延納措置(最長三年間)が受けられる。町では、議会の承認を待って経済産業省に申請。上納金に相当する納付金を納めなくても済む〇五年度から〇七年度までの三カ年で収支改善を進め、経営の安定化を図る。

カテゴリー:アーカイブ2005年1月18日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single