阿知須小で地震を想定した避難訓練

 阿知須小(新田保弘校長)は十七日、地震を想定した避難訓練を行った。全校児童四百一人が参加。いつ訪れるか分からない自然災害に気を引き締めた。地震発生を知らせる警報のチャイムが鳴ると、子供たちは素早く机の下に避難。先生は負傷者の有無や児童数の確認を終えると、ドアを開けて避難口を確保、安全に注意を払いながら誘導に当たった。児童は指示に従って、帽子やノートで頭部を保護しながら運動場へ向かった。

 頭部を保護しながら、運動場へ向かう児童ら(17日午前10時ごろ、阿知須小で)

カテゴリー:アーカイブ2005年1月17日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single