犬と仲良しカラスの夫婦

「こっちおいで!」。山口宇部空港の公園を散歩していた井ノ口吉子さん(56)=則貞、貸衣装店「まるよし」店長=の呼び掛けに応じて舞い降りて来たのは、二羽のカラス。愛犬のミル(グレート・ピレニーズ、雄九歳)も見慣れた様子で、ほえ掛かるわけでもない。カラスたちは井ノ口さんのそばを付かず離れず、飛んだり歩いたりして後を追う。週に三、四回は犬の散歩で公園を訪れるという井ノ口さん。カラスたちとの出合いは二年前の春。ほかに二匹の犬を連れていた時だった。散歩があまり好きではないミルたちのために、ドッグフードを投げ与えながら歩かせていたところ、カラスたちが近寄ってきた。どうやら餌のおこぼれが目当てだったらしい。以来、朝でも夕方でも時間に関係なく、井ノ口さんらの姿を見掛けると、カラスがどこからともなく飛んで来るようになった。

 井ノ口さんと愛犬ミルの周りに近づくカラスたち(14日、山口宇部空港公園で)

カテゴリー:アーカイブ2005年1月15日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ