市保健センターの育児相談件数急増

 宇部市保健センターで毎月一回行われている育児相談の件数が急増している。育児に関する悩みや不安、子供の身体発育の心配事などに応じるもので、今年度の相談件数は十二月末現在、五百三十一件。月平均で前年度を十五件上回るペースだ。母親の孤立化を防ぐため、子供の生後二カ月に全世帯へ文書を配布し、妊婦教室の内容を見直した成果。母親たちからは、育児情報の充実や活動拠点を求める声も強く、同センターでは民間との連携を深めながら、方向性を模索している。
 育児相談は、毎月第一水曜日の午後一時半から三時まで同センターで開催(予約不用、年齢制限無し)。身長・体重・頭囲・胸囲を計測した後、希望者に対して保健師が相談に乗る。今年度は十二月までで〇三年度の同期を百三十六件、〇二年度を八十一件上回り、月平均五十九件に達している。

カテゴリー:アーカイブ2005年1月13日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single