市内4校区で伝承行事どんど焼き

 伝承行事のどんど焼きが八日、宇部市内のトップを切って、上宇部、琴芝、見初、厚東の四校区であり、燃え盛る浄火に正月の輪飾りや書き初めなどを入れ、一年間の無病息災や学業の向上、地域の発展を願った。上宇部校区では「三世代交流どんど焼き新春ハッスル大会」として、上宇部小グラウンドで開催。地域住民約五百人が参加した。校区コミュニティー推進協議会(西田和男会長)、校区子ども会育成連絡協議会(木下隆之会長)主催。

 浄火で温まる参加者(8日午前9時半すぎ、上宇部小グラウンドで)

カテゴリー:アーカイブ2005年1月8日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ