来年2月に能楽座の「能・狂言」公演

 東西各流派の一流能楽師によって結成された能楽座の「能・狂言」公演は、来年二月五日午後二時と六時から、記念会館で開かれる。市、市教育委員会、市自主文化事業実行委員会主催。 宇部と楠の合併記念として実施。昼(午後二時)と夜(同六時)の二回公演で、人間国宝に指定されている「ワキ方」の宝生閑、狂言方の茂山千作らが出演し、人間の本質や情念の世界を能で、生活の中での笑いの世界を狂言で、描きあげる。
 開場時間は昼の部が午後一時半、夜の部が午後五時半。問い合わせは市教委文化振興課(電話34-8616)へ。

 「能・狂言」公演のチラシ

カテゴリー:アーカイブ2004年12月25日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ