小野田、山陽両首長に合併決定書交付

 二井関成知事は二十二日、小野田市と山陽町の廃置分合を決定し、杉原記美市長、国沢賢之進町長に決定書を交付した。国に届け出た後、一月下旬までに官報告示されれば、新市「山陽小野田市」が誕生する。
 地方自治法に基づく一連の手続きの後、県議会の議決を経て両市町の合併を決めたもの。交付は長門地域一市三町に続いて八地域目。二井知事は両首長に決定書を交付し、握手を交わした後「くどいようだが、広域を視野に入れた取り組みを」と念押しした。

 二井知事から決定書を受け取った両首長(県庁で)

カテゴリー:アーカイブ2004年12月24日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ