山大工学部に幻想的なイルミネーション

 山口大工学部(三木俊克学部長)のキャンパス内にある高さ約十メートルのメタセコイアの木に、白色発光ダイオード(LED)のイルミネーションがともされ、クリスマスの季節を盛り上げている。
 同学部は、知的クラスター創成事業として、産官学が連携して白色LEDの研究開発を行っているが、そのシンボルとして初めて企画した。使っているのは、市販の近紫外LEDと蛍光体を実装した簡易方式の白色LED。その数は、七千個にもなる。

 キャンパスを包む幻想的な“青いツリー”(山口大工学部で)

カテゴリー:アーカイブ2004年12月16日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single