ドラマ「車椅子の花嫁」原作者、鈴木ひとみさん講演

 国土交通省宇部国道維持出張所(山内和則所長)は、障害者らが活動しやすいよう環境を整備するバリアフリーの必要性、重要性をPRしようと、テレビドラマ「車椅子の花嫁」の原作者でエッセイストの鈴木ひとみさんを招き、二十二日午後六時から記念会館で「うべこく・クリスマス・ホッと!ステージ」を開催する。バリアフリーをテーマとした講演のほか、宇部高専吹奏楽部のコンサート、プレゼント抽選会もある。
 講師の鈴木さんは一九六二年大阪生まれ。十九歳でミス・インターナショナル準日本代表に選出され、その後モデルとなり、CMやショーで活躍。二十二歳の時、交通事故で下半身不随となり車いす生活に。しかし、懸命なリハビリを重ね、社会復帰、そして結婚。現在は執筆・講演活動のほか、バリアフリーのアドバイザーとして活躍する一方、車いす走行の競技や射撃に挑戦。今年のアテネパラリンピックにも射撃選手として出場した。
 問い合わせは同出張所(電話34―5432)へ。

 講演するエッセイストの鈴木ひとみさん

カテゴリー:アーカイブ2004年12月16日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single