歳末助け合い展収益金と市民の浄財を共同募金会に寄付

 第四十七回歳末助け合い展(宇部市社会福祉協議会、宇部文化連盟、市婦人会協議会、宇部日報社主催)の浄財贈呈式が八日、福祉会館であり、市社協の中村勝人会長らが、県共同募金会宇部支会の藤田昭一支会長に収益金の全額と市民からの寄付金、合わせて百三十三万八千八百四十五円を寄付した。
 同展は、歳末助け合い運動の一助にと、一九五八年から行われている。今年も「みんなでささえあう、あったかい地域づくり」を合言葉に五日、同館全館を使用して開催。善意で寄せられた遊休品や趣味の作品が出展され、多くの市民でにぎわった。

 目録を手渡す中村会長ら(8日午前10時半、福祉会館で)

カテゴリー:アーカイブ2004年12月8日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single