杉原市長、「続投」明言避ける

 来年三月二十二日の山陽小野田市の発足に向けて、急ピッチで準備が進められる中、新首長への注目が集まってきた。小野田市の杉原記美市長は、十二月定例小野田市議会一般質問初日の七日、進退問題について聞かれたが、県議会の動きもあり、態度は明らかにしなかった。
 中元稔議員(きらり)が、新市の機構改革に触れた上で、継続して市政を担う考えの有無を聞いた。杉原市長は「十七日の県議会で決議されれば、二十日以降に合併に対する許可が下りる。事務的な問題は残っているが、これで合併が100%成立することになる。その状況を見据えた上で、早い時期に自身の進退を明らかにしたい」と答えるにとどめた。

カテゴリー:アーカイブ2004年12月8日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single