郷土史研で八万塔公開

 厚東氏四百年の栄華の歴史と庶民信仰の名残をとどめる八万塔(五輪塔)が四日、厚東ふれあいセンターで開かれた厚東郷土史研究会(沖金吾会長、五百四人)の総会と研究会で、参加者に特別公開された。素焼きの小塔で、厚東棚井にあった安養寺の周辺から多数出土している。地元では、カニ供養に使われたという珍しい言い伝えが残る。

 参加者に説明する沖会長(厚東ふれあいセンターで)

推定で約800年の歴史を持つ八万塔

カテゴリー:アーカイブ2004年12月6日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single