うべくるみ園生の竹太鼓グループが来月のイベントにむけ猛練習

 長さ三メートルのモウソウ竹をばちでたたくと、小気味よい音が響き渡る。知的障害者福祉施設うべくるみ園(川上大固屋)の園生でつくる竹太鼓グループ。クラブ活動として施設内で楽しんできたが、先月からは地域に出ての演奏を始め、元気を振りまいている。これまで施設内のイベントで演奏してきたが、十月のハートフルフレンズ(障害者の祭典)に初出演し、会場の大きな拍手が園生のやる気を引き出した。十二月四日に山口医療福祉専門学校で開かれる障害者イベントにも出演が決まり、昼休みの直前練習に余念がない。「ソーラン節」「石見舞太鼓」などを披露する。

 12月4日の発表会に向け懸命に練習する園生(うべくるみ園で)

カテゴリー:アーカイブ2004年11月25日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ