京都きもの学院山口本校の学院祭で十二単披露

 平安時代のロマンを漂わせる十二単(じゅうにひとえ)の着装が二十日、宇部市中央町のホテル河長で披露された。京都きもの学院山口本校(遠藤泰彦理事長、本部・下関市)の学院祭の一環で、市内では五年ぶりの催し。相生町の宇部教室を含む県中部・西部の二十教室から学院生ら約百三十人が会場を訪れ、荘厳で色鮮やかな王朝絵巻の世界を味わった。

 完成した着装の披露(ホテル河長で)

カテゴリー:アーカイブ2004年11月22日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single