冬の風物詩、青空魚市場活況

 宇部市港町の宇部港そばで、古里の“冬の風物詩”としておなじみの青空魚市場が開かれている。月待ちがにの名で売り出し中のガザミ(ワタリガニ)やカレイ、レンチョウなど旬の魚がトロ箱からあふれ、大勢の常連客が買い求めている。来年4月まで、生きの良い魚を提供する。青空市場は、土曜日をのぞく毎日、暗くなるまで開かれている。

 鮮魚が並ぶ宇部の“冬の風物詩”青空魚市場(港町で)

カテゴリー:アーカイブ2004年11月17日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single