山口大病院で携帯電話使用OK

山口大医学部付属病院(沖田極院長)は、これまで病院内での携帯電話の使用を全面禁止にしていたが、救急部門や検査室などの規制場所を除き、使用を認めた。患者や見舞客の利便性向上のためで、既に十日から解禁している。 携帯電話を使用する際に発する電磁波の影響で、ペースメーカーや心電図などの医療機器、検査機器に誤作動の危険性があるとして、これまで病院施設での使用は禁止されていた。同病院でも、全面使用禁止とし、緊急連絡の必要性がある医療スタッフについては、電磁波が弱く医療機器への影響がないPHSを使っていた。

カテゴリー:アーカイブ2004年11月13日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ